FC2ブログ
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.05.17 *Tue*

犯罪経歴証明書

配偶者ビザ改め移民ビザ(CR-1)の手続きに、犯罪経歴証明書の提出があります。
警察証明とも呼ばれます

過去に6ヶ月以上渡抗したすべての国から発行してもらう必要があるそうです。
うちはアメリカと日本だけ。
アメリカは、現地で調べればわかるそうなのでわざわざ犯罪経歴証明書を取寄せる
必要はありません。

日本での取得ですが、
神奈川県在住なので神奈川県警で申請ができました。
地元の市の警察署では申請できません。

申請方法はシンプルで簡単でした。
<持参するもの>
1.パスポート
2.住民票の写しまたは運転免許証などの住所を証明するもの
3.本人の名前が記載された移民局からのレター

<申請方法>
鑑識課へ行き、犯罪経歴証明書の申請用紙に名前・住所などの必要事項を記入します。
記入例を提示してくれたので、簡単に書けました

指紋をとる機械で両手指の指紋を採取

約1週間後に、取りに来るように指示がもらえる
(※郵送は不可、必ず受け取りに行く必要があります)

<申請手数料>
申請にあたり、費用は無料です。

いろいろとドキドキしたわりには、スムーズにできました。
証拠として提出するレターについても、I-130を申請してから初めてくる
Notice of Approvalというレターのみを持っていきましたが、
それで問題ありませんでした。

だいたいのビザ申請者の方が、現地にいるアメリカ人の旦那さんor奥さんを
手続きの代理人として指定するため、それ以降のビザセンターからの連絡は
面接の連絡までの間、一切レター等が来ないことがほとんどだと思います。

なので色々と心配になりますが、
最初に必ず届くこのレターのみで大丈夫でした。

受け取りのときも、パスポートと申請時にもらった「受領証」を忘れずに。

受け取りのときは、優しい係の方に「お元気で」と言われました。
嬉しかったけど、実際またビザがおりていないので、少々複雑でもありましたw

あとは。。。大使館での面接と健康診断の連絡を待つのみ。。
スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


*プロフィール*

nekonoko

Author:nekonoko
東京でOL→結婚→アメリカ移住に
向けて遠距離結婚中。
準備・手続きetc.の備忘録
晴れて渡米できた暁には
向こうの生活を綴りたい。。
でもそこまではまだ長い道のり。
同じ境遇の方も、ひょっこり
訪問して下さった方も大歓迎です。
宜しくお願いします♪

1クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 家族ブログ 遠距離夫婦へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*ブログについてお願い*

ビザ手続き・ペット輸送についての記事内容に関しては、あくまでも個人的なリサーチに基づくものであり、 一情報源にすぎないことを予めご了承ください。 規定及びルールについては随時変更されることがあると思いますので、米国大使館・航空会社のHP・USCIS(米国市民・移民サービス)のHP等で最新情報を入手してください。



*こんなこと書いてます*

* アメリカ移住あれこれ (42)
永住権&ビザ取得あれこれ (10)
引越しの準備&手続き (11)
ペットの引越し (16)
NY生活あれこれ (4)
国際結婚生活 (1)
* 遠距離生活 (3)
* お知らせ (3)
未分類 (2)



*最新記事*



*コメントありがとうございます*    *nekonokoからの返信もコチラ*



*月別アーカイブ*



*検索フォーム*



*ご訪問ありがとうございます*



*ブロとも申請フォーム*

この人とブロともになる



*お気軽にメールください*

名前:
メール:
件名:
本文:



*QRコード*

QR



*RSSリンクの表示*



Copyright © 目が覚めたらアメリカ All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。