08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : * 遠距離生活

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.06.30 *Thu*

ビザにこだわる人は愛が足りない??

もうかれこれ数年前の話ですが、
アメリカ-日本との遠距離をしながら
結婚→アメリカへ移住の手続きをふもうとすると
必然的に先に入籍、そしてCR-1(移民ビザ)の申請→とれたら晴れてアメリカへ
となるわけです。

なぜこうしなければいけない?

私(妻)が外国人だからです。

永住権の申請は、もちろん先にアメリカで結婚し、
アメリカにいる状態で手続きを始めることも可能です。

当時の夫は、これ↑こそが、愛のある方法だととらえていたようで。

「ビザが取れ次第、仕事を辞めてアメリカに引っ越す」という私に対し
「愛は条件付きなのか?」と昼ドラみたいなセリフをはかれたことがあります。

外国人だから、晴れて配偶者になって、ビザをとってアメリカに入国する

身近な国際カップルも同じような道を通っているのに、
ど~もnekonokoの彼にはそこが理解しがたかったようで

ビザの手続きに時間がかかればかかるほど
色々と責められたりもしました。

ビザが・・・というと「ビザなんか関係ない!」などと言って、
nekonokoもnekonokoで、
「じゃああたしが違法で入国すればいいわけ?!
なんでもっと積極的になってくれないの?
そっちこそ、愛がないんじゃないの?」

などという、こんがらがったケンカをしたことも多々ありました。

それぞれのはいたセリフにいつも悪く反応し
「なぜ伝わらないのだろう?」と悩んだのは

お互い様だったことだろう。

夫も、頭ではわかっているけどつい言いたくなってしまう
言われた妻も余裕がないから言い返してしまう

遠距離をしていると、ほんの事務的な手続きさえ、
気持ちを図られる材料になりかねない

恐ろしや~恐ろしや~
スポンサーサイト
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.16 *Thu*

遠距離をちょびっと振り返る

夫がマリッジブルー疑惑を書きましたが、
それについて考えています。

ずっと遠距離だったから、
ずっと遠距離だったけど、

自分達は大丈夫って思ってたんですけどね。

でもやっぱり遠距離って文字通り「遠距離」

遠距離になるって
どちらかが別のところへ行って(帰国しかり)新しい生活が始まって
どちらかは同じところにとどまって変わらない生活マイナス恋人がそばにいる生活

はじめから、遠距離生活に対してのとらえ方は温度差があったように思う。

「あのときこうしていれば、結婚していればこんなに長いこと離れることもなかった」
という彼の気持ちもすごく分かる反面、
「あのとき結婚していたらむしろ今はダメになっていたかもしれない」
と思っている私

こればかりはもういくら話しあっても過去の話

お互いが、お互いの選択は正しかったと思っている

過去の話にいくら熱をおびても、平行線をたどるだけなんですよね。。

ビザ申請にこれだけ時間がかかったのも
彼の気持ちの士気を下げるのに十分だったので
最後のほうはケンカばかりしてました。

遠距離だから仕方がないと目をつぶってきたことや
または相手を想って我慢してきたつもりのことも

ずっと深いと思ってきたお互いに対する感情も
自分が思っていたほど強いものではなかったのかな
と弱気になることが増えて
きっともっともがいてきたであろう彼からしたら、
また一緒に暮らし始めてからも果たしてうまくいくのだろうか?
という不安を抱くのは無理もないですね。

そんななか3月11日の大地震。
そのときにいたビルが大揺れする中
「あぁ、このまま彼と再会することなく死ぬのかな」って思った。

これが自分は認めていないけど、心は後悔を感じていた表れだったのか
ただ自分の未来が急になくなる不安感から出た「まだやり残したことがある」という
思いからだったのか、自分でもわからない。

同時に原発事故。
海外での過熱報道しかり、
「今すぐ逃げて!できるだけ遠くへ」
「君を愛しているから心配して言っているのはわかるよね?」

頭ではわかるんだけど
すべてにおいていっぱいいっぱいで精神的ショックがハンパじゃない中、
いくら結婚相手でも
離れているというだけで
外にいる立場から色々言われても、温度差を感じずにはいられなかった

根拠はなくても「大丈夫」と、どしっとかまえていて欲しかった。
賛否両論あるかもしれないけど
当時は何に対しても神経が敏感で
不安をあおられることが多かった
それに精神がついていくのが精一杯だった

4月に国内で予定していた挙式は、新郎側の要望によりやむなくキャンセル。

一年間準備に励んできたことが無になるショックと
そんなことはどうでもいい、命があるだけで良かったという自責の念と
そばにいてほしいのにいない
いや、遠距離なんだから仕方がない

いろんな感情がぐるぐるで苦しかった。

国際結婚ゆえの問題
遠距離ゆえの問題
いや、個人の性格の問題

人によって考え方は色々あると思うけど
とにかく限界を感じていたのは事実

遠距離生活は無意味か?

私はそんなことはないと思う。

でも、この遠距離のあいだに感じたことや
少なからずできた心の溝とか
それについて本気で取り組んでいけるのは、
遠距離生活が終わってからになるんだろうなぁ。

なんとなく寝付けなかったので
つらつらと書いてしまいました。

読み返すと支離滅裂(汗)

読んでくれてありがとう。

おやすみなさい
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.08 *Wed*

夫がマリッジブルー?

最近、夫の様子がおかしい。

真意が分からないから何とも言いづらいのが本心だけど、
俗に言う、「マリッジブルー」に陥っているのではないかと思うようになった。

夫、と呼んでいるけど、まだ遠距離生活だし、日本国内で「入籍」しただけ。
法律的なしばりはあれど、実感がもてていないみたい。
無理もないんだけど、私はどうしたら良い??

ビザが取れていない状況にいらだちを隠せず、私に
「一体いつ来るんだ?」とぶつけてくるときもあれば、
実際にしばらくアメリカに行こうと航空券を購入すれば、
「行ったり来たりはかわいそうだから、もう少しそっちとこっちで頑張ろう」
と言ったりもする。

気分がdown↓なときは色々と責められるような言動があるし、
気分がup↑なときはすごく良き理解者みたいな言動をする。
そしてその感情の変化が、短いサイクルで変動。

正直・・・振り回されてる感が否めず、私もここ数カ月つらい・・。

だけど、最近、違う思いが頭をよぎるようになった。

結婚式を1ヶ月前にして、この人はもしかして
マリッジブルーに陥ってるのではないかと。。

私が引越しの準備を進めてることもわかってるし、
実際に航空券を買ったこともわかってる。
それでも何かにつけて「私がアメリカに来ないから」という言い方をしてくるけれど、
本当は何もかもわかっていて、
近い将来がらりと変わるであろう自分の生活に対して、
自分の心がついていけていないのではないだろうか。

そして、むか~しの出来事を持ちだしては、
「果たして自分達はまた一緒になったあともうまくいくだろうか?」という
不安をこぼしてくる。

ここだけの話、男性にマリッジブルーになられた私は
すごくみじめな気分で、
どうしたら良いのかわからないし、
一歩間違えば、私もムキになってとんでもないことを言ってしまうかもしれない。

どのように今の彼を受け止めたらよいのか。

模索中。。
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

*プロフィール*

nekonoko

Author:nekonoko
東京でOL→結婚→アメリカ移住に
向けて遠距離結婚中。
準備・手続きetc.の備忘録
晴れて渡米できた暁には
向こうの生活を綴りたい。。
でもそこまではまだ長い道のり。
同じ境遇の方も、ひょっこり
訪問して下さった方も大歓迎です。
宜しくお願いします♪

1クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村 家族ブログ 遠距離夫婦へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



*ブログについてお願い*

ビザ手続き・ペット輸送についての記事内容に関しては、あくまでも個人的なリサーチに基づくものであり、 一情報源にすぎないことを予めご了承ください。 規定及びルールについては随時変更されることがあると思いますので、米国大使館・航空会社のHP・USCIS(米国市民・移民サービス)のHP等で最新情報を入手してください。



*こんなこと書いてます*

* アメリカ移住あれこれ (42)
永住権&ビザ取得あれこれ (10)
引越しの準備&手続き (11)
ペットの引越し (16)
NY生活あれこれ (4)
国際結婚生活 (1)
* 遠距離生活 (3)
* お知らせ (3)
未分類 (2)



*最新記事*



*コメントありがとうございます*    *nekonokoからの返信もコチラ*



*月別アーカイブ*



*検索フォーム*



*ご訪問ありがとうございます*



*ブロとも申請フォーム*

この人とブロともになる



*お気軽にメールください*

名前:
メール:
件名:
本文:



*QRコード*

QR



*RSSリンクの表示*



Copyright © 目が覚めたらアメリカ All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。